【本物のマットレスを知っていますか?】おすすめマットレスをランキング形式でご紹介します

今回はマットレスの種類と寝やすく快眠できる本物のマットレスをご紹介していきます。

高級ホテルに導入されているのと同等かそれ以上の品質のマットレスで、手が出せる範囲の価格帯のマットレスを紹介させてもらいます。

マットレスの種類と特徴を詳しく解説

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3769008/

マットレスは基本的にコイルを使うか否かによって大きく異なってきます。

スプリングマットレスはボンネルコイルマットレス、ポケットコイルマットレス、高密度連続スプリングの3つに分けられます。

ノンコイルマットレスはウレタンマットレス、ファイバーマットレスの2つに分けられます。

どれもそれぞれ強みと弱みがあります。自分に合っている構造を選んでいただけると睡眠の質がグッと上がります。

スプリングマットレスについて詳しく解説

ポケットコイルマットレス画像

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスとは一つ一つのスプリングが独立していて、不織布と呼ばれる布で覆われたマットレスです。

寝心地が柔らかく、日本人好みの硬さだと言えます。女性の方や細身~標準体型の男性だと身体画沈み込み過ぎないのでおすすめです。

通気性もそこそこよく、二人で寝られている方でパートナーが動いた際の振動が気になる方でも、コイルが独立しているため振動が小さく済むのでおすすめです。

↓ポケットコイルについて詳しくはこちら↓

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスはコイルが連結して面を作る構造になっています。

コイルしか使っていないのでものすごく通気性が良く、日本の気候とも相性がいいです。また構造的に費用が抑えられるので安いものが多いです。

寝心地は少し硬めです。硬めといっても畳の部屋に布団を敷いて寝る硬さと同じくらいなので好みが分かれるともいます。

また体格がいい人にボンネルコイルマットレスは向いています。ポケットコイルだと沈み込み過ぎて寝にくい方でも、適度に沈む程度に沈んでくれるので寝返りもうちやすいです。

コイル同士が連結しているので、二人で寝る際は振動が伝わりやすいのが難点です。

日本のベッドはポケットコイル構造のものが多く、海外メーカーだとシモンズなど大人気メーカーも力を入れています。

↓ボンネルコイルについて詳しくはこちら↓

高密度連続スプリング

https://item.rakuten.co.jp/best99/97012160/

高密度連続スプリングマットレスはボンネルコイルマットレスの改良版のような構造です。

スプリング数が多く、ボンネルコイルマットレス体圧分散の低さを改善した製品です。

通気性もよく耐久性に優れ、寝心地も良いです。

大きなデメリットというのは特になく、バランスがとても良い構造です。デメリットを一つ上げるなら、スプリングが多いため運ぶ際に1人で運ぶのは難しいです。

ノンコイルマットレスについて詳しく解説

ウレタンマットレス

https://item.rakuten.co.jp/rcmdin/zu-zj-fmgt-8s/

ウレタンマットレスには高反発マットレスと低反発マットレスの二つが存在します。

高反発マットレスは文字通り、荷重に対して押し返す力が強いマットレスです。沈み込みにくいので寝返りがしやすく、耐久性が高いです。

高反発ということなので体重が軽い人からすると硬く感じることがあります。

低反発マットレスは柔らかい寝心地で体圧分散に非常に優れています。フィット感が良く、身体への負担を減らすことができます。

ウレタン素材は通気性が悪く、低反発ウレタンは横になった時に沈み込むため寝返りはうちづらいです。

ウレタンマットレスはマニフレックスやテンピュールなどの有名海外メーカーさんが取り扱っている場合が多く買うときは海外メーカーさんがオススメです。

ファイバーマットレス

https://item.rakuten.co.jp/outlet-f/64810/

ファイバーマットレスは簡単に言うと洗える高反発マットレスといった感じです。

高反発マットレスはウレタンなどが入っているため蒸れやすく通気性が悪いものも多くあります。

そんな悩みを解決するために開発されたのがファイバーマットレスです。通気性が良くカビやダニが発生しにくいです。

そんな万能マットレスですが、熱に弱いという弱点もあります。冬に電気マットを使用する場合は溶けだしてしまう可能性があり、70度以上の高温の下では使わないでください。

おすすめマットレスランキング

エマ・スリープ

ウレタンマットレス
価格60000円前後
20カ国以上で200万人に一流評価をされたマットレスです。
睡眠をサポートするために設計され、環境にも優しいマットレスです。
夜中に何度でも目が覚める方や、首や腰の痛みで目が覚める方におすすめです。
マットレスは3層構造になっており、通気性の良いナチュラル素材でできています。
10年保証までついてこの価格なので、損をせず高級マットレスを買う場合はエマ・マットレスが一押しです。

雲のやすらぎマットレス

ポケットコイルマットレス
価格98000円前後
雲のやすらぎマットレスの特徴は何と言っても13層構造で27cmという厚みがあることです。
安心の国内生産で、これだけ手間がかかって10万円を切るマットレスは今後現れないかもしれません。
人生のご褒美に買うなら間違いなくこのマットレスです。

マニフレックス

ウレタンマットレス
価格37000円前後
マニフレックスはマットレス大国イタリアで、1962年創業から50年以上もの長い歴史のある、世界的に有名な寝具メーカーです。
ヨーロッパの高級ホテルで使用されることが多いほど実績があり、マットレスへの信頼は厚く、身体の動きに合わせて沈むELIOCEL素材は高反発素材として定評があります。

エアツリーマットレス

ウレタンマットレス
価格19800円前後
柔らかすぎて腰が痛くなるのを防ぎ、硬すぎて寝付けないような悩みも改善することを目標に製作されたのがこのマットレスです。
身体の部位によって硬さが微調節されているので理想的な寝姿勢へとサポートしてくれます。

NELLマットレス

ポケットコイルマットレス
価格63750円前後
5つ星ホテルを超える寝心地を毎日自宅で味わえます。
寝返りのしやすさを追求し、睡眠の質を高め人生のパフォーマンスも向上します。
通気性がとてもよくカビやダニの発生を抑えます。
価格を抑えつつ高級マットレスを選ぶならこれ!

次世代マットレス【ビブラート1】

ウレタンマットレス
価格69800円前後
マットレスは質の高い睡眠をとる上で欠かせないものです。
次世代マットレスビブラート1は波状の構造で重さを吸収し、高い体圧吸収力で包み込まれるような寝心地です。
また、仰向け・横向き・うつ伏せどの寝相にもフィットするような構造なので寝返りが多い方にもおすすめです。

サータ(serta) マットレス

ポケットコイルマットレス
価格77410円前後
全米売り上げ№1を達成したマットレスブランドのサータ渾身のマットレスです。
サータといえば海外で大人気を誇るマットレスブランドというイメージがある方もおられると思います。
一流ホテルにもよく導入されているマットレスブランドで、寝心地とマットレスの耐久性は超一流です。

フランスベッドゼルトスプリングマットレス

ボンネルコイルマットレス
価格54000円前後
こちらのマットレスはZELTスプリングマットレスともよばれ、しなやかな弾力性にこだわった逸品です。
独自のコイル形状にこだわり、きしむ音や横揺れを抑え、通気性の良いマットレスを開発しました。
安心の国内生産で耐久性を上げるために不純物を減らした硬鋼線を使用されています。
高級感あふれるジャガード生地を採用していて、マットレス単体でもオシャレ寝具として効力を発揮します。
高級マットレスで、気持ちよく寝る快眠生活始めてみませんか?

国産高通気性ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレス
価格31000円前後
多湿の日本において通気性はベッドマットに必要な要素です。
こちら商品では通気性と寝心地両方にこだわりぬいた国内製造マットレスです。
寝返りがしやすい弾力性でしっかりした寝心地です。
さらに真空ロール梱包なので搬入も楽々で、ベッドまで運ぶのも簡単に行えます。
価格帯的にも手を出しやすく、日本人好みの硬さに調節された一品です。

おすすめマットレスまとめ

気になったマットレスはありましたか?

今回紹介したマットレスは高級なものが多かったですが、最高の睡眠には良いマットレスが欠かせません。

もし5万円のマットレスを購入しても、5年間使い続けることができれば一日当たり27.4円しかかかりません。ちなみにマットレスの寿命は5~8年です。

この際気持ち良い睡眠をとるために高級マットレスを試してみてはいかがですか?

↓コスパ最強枕ランキング↓

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました