【2021最新版】中学生・高校生の理想の睡眠時間は何時間?成長期に必要な睡眠時間を徹底解説!

みなさんこんにちはこばやんです。今回は中学生や高校生は成長のために何時間寝たらいいかを科学的根拠をもとに徹底解説したいと思います。

この記事を最後まで読むことでライバル達に差を付けて、勉強も部活もパフォーマンスが向上します。また成長には欠かせない理想の睡眠時間帯も解説します。

最新の睡眠グッズなども紹介するのでぜひ最後まで見てください!

中学生・高校生が睡眠をとるのは成長のため?

https://www.photo-ac.com

中学生や高校生は人生の中で体の成長が著しい時期でもあります。そのため睡眠はとても大事なものです。

少しずつ食事に気を配り始めるころだと思います。筋肉をつけるために鶏肉を食べたり、身長を伸ばすためにカルシウムをとったりするようになると思います。ちなみにカルシウムの摂り過ぎは身長が伸びない原因になります。

しかし、人間は睡眠についての関心はあまりありません。この記事を読んでいる方は生きる上で賢く優秀な人であると思います。

睡眠は体の成長にとって、食事の管理と同じくらいとても大切です。なので最適な睡眠時間と成長ホルモンが出やすいオススメの睡眠時間帯の話をしていきます。

最適な睡眠をとることで得られるのは、体の成長だけではなく、集中力を得ることができます。つまり、学業や部活の成績の向上が睡眠で得られるんです。

中学生・高校生が理想の睡眠時間をとり成績向上!

https://www.photo-ac.com

勉強というのは量と質のバランスです。

学年で成績上位や1位をとっている人がいますよね?

ですが皆さんと彼らの能力に大きな差はありません。実際、カラオケやボーリングの点数なら、その人たちに大いに勝てる可能性はあります。

つまり、彼らは勉強というものに多くの時間をあてているだけなんです。なので勉強で勝てないライバルより少し多く勉強すれば誰にでも勝つチャンスはあります。

しかし、今回紹介するのは質の話です。ライバルより少ない勉強時間で成果を上げる方法です。

それが理想の睡眠時間です。少し脳科学の話をします。脳の後ろに頭頂葉というものがあり、脳の前側には前頭葉と呼ばれる部位があります。

頭頂葉は見たり、聞いたりしたものの情報が集まる場所です。言わば物事の情報を集める場所です。

前頭葉は、頭頂葉で確認された事実を確認する場所です。過去の経験からもたらされた情報を確認します。

しかし、睡眠不足になると事実を確認する頭頂葉の働きが低下し、過去の記憶で物事を判断する前頭葉が活発になります。

簡単に言うならば、睡眠不足になると、新しい情報を得る頭頂葉の働きが鈍くなるので集中力が低下します。

つまり、適切な睡眠をとらなければ、新しい情報を得る能力と集中力が低下するので勉強の質が落ちてしまいます。これではいくら勉強してもなかなか成績が伸び悩みます。部活で集中しないといけない場面でも集中できません。

学生にとって、睡眠とは体の成長と集中力を高めるための大切なプロセスなのです。

まず、全国的な平均睡眠時間を解説していきます。

中学生・高校生の平均睡眠時間は?

https://www.photo-ac.com

2015年に国立睡眠財団が公表した資料を基に分析します。

平成23年の中学生の平均睡眠時間は約7時間半で、高校生の平均睡眠時間は約7時間です。

平成23年というと、ちょうどスマホという新しいワードがちらほら聞こえ始めたころです。

つまりスマホの普及により、2021年現在の学生の睡眠時間はかなり減少していることが考えられます。

具体的に言うと中学生の平均睡眠時間は7.5時間、高校生の平均睡眠時間は6.5時間ぐらいだと思います。(あくまで個人的な意見です)

ですが、部活や勉強や恋愛を一生懸命頑張っているとどうしても睡眠時間を削ってしまいますよね。気になる人からラインやインスタの通知で寝れてないことはわかっています。

中学生・高校生の理想的な睡眠時間は○時間?

https://www.photo-ac.com

結論から言うと中学生・高校生の理想的な睡眠時間は7時間~8時間です。

アメリカのカリフォルニア大学の調査によると、毎晩6.5時間~7.5時間の睡眠をとっている人の死亡率が最も低いことがわかっています。

また、8.5時間以上の睡眠をとると死亡率が20%高くなることがわかっています。

日本でも同様の結果が出ており、睡眠時間が7時間~7.5時間の人は死亡率が低くなっています。

しかし、毎日7.5時間も睡眠がとれない学生さんはたくさんいるともいます。ですが週に3回は7時間以上必ず寝ましょう。

睡眠というのは寝だめはできません。寝だめというのは睡眠の貯金のことです。今日は12時間寝たから明日は寝なくていいということはありません。

ですが借金の返済はできます。今週の平均睡眠時間が6.5時間だった場合、来週の平均睡眠時間を7.5時間にすることで睡眠負債を返すことはできます。かといって今日3時間睡眠で、明日10時間睡眠などの過度な設定は体を崩します。

睡眠時間というのは長い期間でみたときの合計睡眠時間が大切です。

↓詳しくはこの記事をチェック↓

中学生・高校生の睡眠時間は短すぎる!

https://www.photo-ac.com

みなさん睡眠時間が短いことを話題にあげることがあると思います。なんとなく。睡眠時間が少ない方が優位に立てる風潮ありますよね。気持ちは凄くわかります。

ですが多くの人にとって理想的な睡眠時間は平均7時間です。

世の中には平均睡眠時間4時間などで天才的な思考をフルに発揮できる「ショートスリーパー」と呼ばれる人たちがいます。

その代表として知られるのが、フランスの皇帝であったナポレオンやアメリカの天才発明家エジソンなどです。彼らは毎日4時間睡眠で数々の伝説を作るほどの功績を残しています。

もし、あなたの睡眠時間が4時間で人の倍のパフォーマンスが維持できるならいいです。しかし、大半の学生は平均睡眠時間が6時間でも変調を実感し始め、授業に集中できず、体が悲鳴をあげていきます。

先ほども記述しましたが、勉強の集中力はノルアドレナリンという神経伝達物質が関与します。睡眠不足になると頭頂葉の働きが低下するので集中力がもちません。

つまり適切な睡眠時間は集中力を底上げします。

中学生・高校生の理想的な睡眠時間帯は?

https://www.photo-ac.com

みなさん、寝る子は育つと昔から言われていますが、これはあながち嘘ではなく、成長ホルモンの分泌が関係しています。

成長ホルモンとは脳下垂体から分泌され、身長を伸ばすことや、女性の素肌をより美しくするためのもので、睡眠時間帯が大きく関係しています。

身長や健康、女性なら肌の美容のために必要な成長ホルモンが一番分泌されやすいのは午後11時~午前2時です。

つまり、中学生や高校生は、午後10時30分~午後11時に寝て午前6時~午前6時30分ぐらいに起きるのがベストの睡眠になります。

朝起きれない中学生・高校生のための必須アイテム

https://www.photo-ac.com

みなさん朝起きるときに使っている目覚ましは何ですか?

普通の目覚まし時計を使っている人、スマホやタブレットのアラーム機能を使っている人が大半だと思います。

まさか、朝の7時になったら自動でカーテンが開いて日の光で起きている、ヨーロッパの人たちみたいな優雅な生活を送っているセンスのある学生さんはいないでしょう。

今は電動カーテンがAmazonで7500円前後で購入可能です。学校で話のネタに最適です。

それはさておき、皆さんにおすすめの起き方があります。

それがスマホの睡眠アプリを使って起きる方法です。睡眠効率を数値化して、記録してくれるので自分の睡眠の質を高めるのに効果的です。

睡眠というのは深い睡眠と浅い睡眠のサイクルがあり、約90分で波をうっています。

つまり、浅い睡眠の時に起こされると、気分爽快でパッと目が覚めることができます。

今回おすすめするアプリは睡眠の深度を計測して、睡眠が浅い時に目覚ましを鳴らしてくれる最高のアプリです。

↓詳しくはこちらの記事を読んでみてください↓

他にもぐっすり寝れてコスパ最強の枕や、最新睡眠グッズなどを紹介しているのでよかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました